読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おさーん食堂

最近、1カップが200ccだって知りました

ラーメン素人が神戸の有名店に行ってきた_ラーメン会

今日は会社に一時間早く入ってお昼の時間を確保しました。
ずっと行きたかった神戸のラーメン屋さんに行くのです!

12時をほんのちょっとだけ過ぎた時間に行くと、すでに7人の行列ができていました。
11時から開店しているので、融通の利く方は早めに外すことをおすすめします。

・・・とにかく行き慣れた常連さんに倣い、勝手知ったる風で店前の券売機で食券を買う。

事前の勉強不足で何を食べるか決めていなかったので、とにかく一番左上がおすすめだろうということで¥700魚介トンコツラーメンをぽちっと。

 

当初はそんな組み合わせありえんのか?とおもっていました。

カウンターについて、ダイナミックな麺のお湯きりを見物しながら待っていると。待望のデリバリー。
見た目は意外とシンプル。

だけど、そのスープを一口レンゲで頂くと・・・美味いやないか!

上品な足し算型スープ。
重層的でありながら、パッケージとしてはいたってシンプル。
「あれもこれも入っているよね!?」じゃないんです。
いわなきゃわかんない仕事をめちゃくちゃ一生懸命している印象。

素敵だわ~

f:id:upaneguinho:20151110003103j:plain


いったん落ち着いて、次は麺へ。

形状ははエッジのたった緩いカーリー。
プミプチとした食感。

ほ・・・そういうこと。
デュオの相方。
押しは強すぎないけど、伴走者?そうじゃない。スープを味わうツールには堕していない。

トロッとしたスープの中で透明感というか清廉さを感じさせる初めての存在感。
(ちなみに盛られたネギと一緒に麺とスープをかき込んだときの香りというか口中の味わいのバランスの良さにびっくりしました)

f:id:upaneguinho:20151110003125j:plain


チャーシュー二種類、豚軟骨チャーシュー、低温調理のレア肩ロース、どちらも美味。
¥700の単品ラーメンにこのバリエーションがあることが、私としてはこのお店の評価が突き抜ける決定的な要素となりました。

f:id:upaneguinho:20151110003154j:plain

f:id:upaneguinho:20151110003207j:plain


それは、素人の私が知り得ないあのスープにかける執念の一端を垣間見られるからです。

ラーメン屋のスープは、一押しをひとつ味わっておけばその店は推し量れると思っていました。

でも、「会」は、全部食べてみたいと思ったんです。

f:id:upaneguinho:20151110003216j:plain

お昼休みの短い時間、たかだか30分くらいです。

でも、このお店は間違いなくその日一日の元気をくれました。

 

絶対また行くわ、これ。

広告を非表示にする