読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おさーん食堂

最近、1カップが200ccだって知りました

「狭い台所で私の後ろを通るな!」_【ジンジャーグリルドチキンとカマスの塩麹焼き】

f:id:upaneguinho:20140923145633j:plain

お昼はジンジャーグリルドチキン(適当に言ってます)を焼きました。

 

<覚え書きのようなもの>

・冷蔵庫に、解凍されたまんまの所在なげな鶏肉を見つけたら取り出して塩コショウ。ハーブソルトに頼るのが望ましい。
・野菜室に使いさしの生姜の、彼、最近ため息多くなったよね、ぐらいのものを見つけたらスライスしてフライパンで温めたサラダ油に入れて香りを出す。弱火で。ローリエも追加(なくてもいい)。
・鶏肉は皮目と反対側を最初に焼きます。弱めの中火か弱火で。ふたをしてじっくり焼いてください。鶏肉はゆっくり焼いていれば焦げる心配はあまりありません。焦って強火で料理して、外は焦げだして中が生焼けの状態は避けましょう。
・付け合わせの野菜を鶏肉の周りで焼く。塩コショウを少しだけ振って。基本放置して綺麗に焼き目を付けましょう。たまにフライパンを傾けて、鶏の脂や肉汁を回してあげると美味しく焼けます。
・小鍋にトマトケチャップ3:ウスターソース1:トンカツソース1(要するに適当です)を入れて軽く煮立てる。この時、フライパンの生姜とローリエはこちらに移してあげてください。
・鶏は、弱火で焼き続けて、身が分厚くなって皮目に焼き目がついたら中には十分火が通っています。最後にちょっとの間火を強めて焼き目を強調してください。焼き上がったら盛り付けてソースをかけて頂きます。

冷蔵庫のありもの献立でした。生姜でなくても、ガーリックソテーにすればそれまた美味しいです。上記のレシピの生姜を差替えて、焦げないように途中で別の小皿に取り分けておけばあとの工程はそのままでいいです。その時はレモンソースで頂きたいですね。

 

ちなみに家内はお好み焼き焼いてました。

いつもはそれぞれが勝手に料理して、それぞれ食事しています。

 

昨日は、家内が仕事から帰ってきて、彼女が仕事帰りに買い込んだ食料品の仕分けと片付け私がバトンタッチでやってますと、ちょうどご飯が炊きあがる炊飯器のメロディー。

 

「今朝釣ったお魚があるから、焼いたら食べる?」

f:id:upaneguinho:20140923150056j:plain

「魚って何?」
「カマス」

f:id:upaneguinho:20140923150113j:plain

「何分くらいで準備できる?」
「(な、なんぷん?)・・・十分くらいかな?」
「ほな食べるわ」


ほ、「ほな」って・・・なんて思いながらグリルに塩麹漬けにしておいたカマスを入れて、グリルのパネルを操作して「小魚・・・両面・・・え! 12分??」

 

既にオーバーしとるがな!

 

ま、人間本気になれば12分でキュウリの酢の物とお味噌汁くらい作れるということです。


カマス、一夜干しっぽくなってて美味しかったですよ。カマスの身をバットに並べて、液体タイプの塩麹を適量振りかけてラップをかけておいただけでしたけど。

f:id:upaneguinho:20140923150614j:plain

広告を非表示にする